おでかけ・イベント

おでかけ・イベント

山陰▷▷7月のイベントピックアップ

東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園 スイレン見ごろ

4品種400株の白、ピンク、赤、黄のスイレンが見ごろを迎えている。朝早くから午前中にかけて花を咲かせて午後から夕方には閉じる。

9月下旬まで楽しめる。

 

場所:東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園(鳥取県湯梨浜町藤津650)【MAP】

問い合わせ:東郷湖羽合臨海公園(電話0858-32-2189)  

HP:こちらから

 

 

御来屋えびす神社の宵宮祭

漁業のの安全と豊漁を見守る「えびす神社」のお祭り。えびす神社神職を乗せた船を先頭に、大漁旗を掲げたたくさんの漁船が御来屋漁港沖合いの海を勇壮にパレードする。

 

日時:7月28日(日)9:00(神事)、9:30(漁船パレード)

場所:御来屋漁港(鳥取県大山町御来屋)【MAP】

問い合わせ:鳥取県漁協御来屋支所(電話0859-54-2015

玉造温泉夏祭り 2024

毎年恒例の夏まつりで、ステージイベントやキッズ夜店(子ども縁日)を毎晩43日間開く。

 

開催日:7月20日 (土)~8月31日 (土)

<タマステージ>
第1部 20:15~ 地元アーティストによる日替わりステージ
第2部 21:00~ 伝統芸能ショー
場所:玉造温泉ゆ~ゆ前 川沿い特設ステージ
※雨天時は、玉造温泉ゆ~ゆ 3階ホール

<キッズ夜店>
時間:19:00~22:00
子ども縁日や飲食ブース
射的・わなげ・ストラックナイン・魚釣り・スマートボール・パターゴルフ(予定)
場所:川沿い特設ステージ向かい 松乃湯駐車場スペース

 

問い合わせ:玉造温泉旅館協同組合(電話0852-62-0634

HP:こちらから

科学の祭典 2024 科学の縁結び祭り

子どもたちが科学への親しみ、楽しさを体験させることで、科学技術への興味を促し、向上心を育むもうと開かれる。20以上のブースが出展。

当日参加の「自由出入ブース」と小学校高学年(5年生)以上向けの「事前応募ブース」(7月5日応募締切)がある。

 

日時:7月27 日(土)、28 日(日) 受付時間9:30~16:00

会場:出雲科学館(出雲市今市町1900-2)【MAP】

対象:どなたでも

   ※出展ブースによっては、保護者の方の補助が必要

参加費:無料

問い合わせ:科学の縁結びネットワーク事務局(出雲科学館内、電話0853-25-1500

HP:こちらから



■「事前応募ブース」の申し込みはサイトから(電子申請のみ)

 〇対戦型ロボット製作を通じたエンジニア体験:こちらから

 〇植物分類学 - 植物の構造や分類を科学する-:こちらから

 〇身近な酸化・還元反応 -コインを使った還元術-:こちらから

 〇電子工作:ホタルを点灯させてみよう!:こちらから

※複数ブースに申し込み可。各ブースの申し込みは1人1回限り。2人まで同時に申し込みできる    

※応募締切:7月5日(金) 

   応募多数の場合は、抽選により参加者を決定し、1週間程度で当落通知(ハガキ)を発送

   参加の際は、当選ハガキを持参。   

   当日席に余裕がある場合は、小学5年生以上を先着順で受け付け

第11回石州和紙うちわアート展

石州和紙会館で販売している ”うちわキット” を購入して、応募されたオリジナリティあふれる作品を展示。

自分だけのオリジナルうちわ作りコーナーも。

 

日時:7月13日(土)~9月1日(日)9:00~15:00

場所:石州和紙会館(浜田市三隅町古市場589)【MAP】

休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
 

【うちわづくりワークショップ】

日時:7月2日(火)~9月1日(日)9:00~16:00

料金:300円(石州和紙+プラスチック製の骨)

   ※10人以上の団体の場合は事前申し込みを

 

問い合わせ:石州和紙会館(電話0855-32-4170

HP:こちらから

ますだ夏まつり

「ますだ祇園まつり」がコロナ禍の影響で秋季開催へと変更され、なくなってしまった夏祭りを、今年から「ますだ夏まつり」として開催。
 

日時:7月13日(土)16:00~21:00
 ※少雨決行/荒天14日順延

場所:益田東中学校(益田市東町14-48)【MAP】

内容:
●ステージ
16:00〜吹奏楽部合同演奏(益田東中学校、高津中学校)
17:00〜石見神楽演舞(石見神楽久々茂保存会)
●フードコート
生ビール、チューハイ、ハイボール、カキ氷、焼きそば、唐揚げなど

問い合わせ:益田商店会(電話080-5752-3866、クワハラ)

HP:こちらから

津和野の鷺舞神事

弥栄神社に伝わる古典芸能神事「鷺舞(さぎまい)」は、京都が発祥で、伝承されてから現在まで奉納され続けている唯一の鷺舞。国の重要無形文化財に指定されている。近年では「風流踊(ふりゅうおどり)」としてユネスコ無形文化遺産へも登録された。

20日(ご神幸の日)は町内11ヵ所、27日(ご還幸の日)は町内9ヵ所の昔から定められた場所で、当時と変わらぬ優美な舞いを披露する。

 

開催日:7月20日(土)、27日(土)

場所:津和野町内/津和野町民センター発着

<行き>20日
頭屋前(町民センター)15:00頃出発→弥栄神社15:15頃→嘉楽園15:40頃→小学校前15:50頃→沙羅の木前16:05頃→古橋酒造前16:15頃→高津屋伊藤博石堂前16:25頃→郵便局前16:35頃→吉永米店前16:40頃→お旅所16:45頃→頭屋前(町民センター)17:10頃 

<帰り>27日
頭屋前(町民センター)15:00頃出発→沙羅の木前15:05頃→古橋酒造 前15:15頃→高津屋伊藤博石堂前15:25頃→郵便局前15:35頃→吉永米店前15:40頃→お旅所15:45頃→弥栄神社16:10→頭屋 前(町民センター)17:20頃

※雨天の場合は、役場向かい側にある町民センター体育館

問い合わせ:津和野町観光協会(電話0856-72-1771

HP:こちらか

一覧へ戻る