グルメ

グルメ

【クーポンあり♪】薬草文化を発信するヘルシーなカフェ<The Gift Izumo>出雲

 風土記にも記載がある出雲の薬草文化を発信するカフェ。注目のマコモや身近なハーブまでお茶や食事で楽しめる。

ランチには地元食材と新鮮野菜を黒米や赤米入りのヘルシーなご飯で味わうどんぶりを。トマト&紫蘇(しそ)ソースの大豆ハンバーグどんぶり(スープ付き1,280円)は食べ応え◎なハンバーグにみそのコクが生きたソースが絶品。

あっさり軽い豆乳クリームのバトンケーキ(5種類、430円~)は食後にも。もっちりした米粉生地はクセになりそう!

色とりどりの鮮やかな一皿に歓声!

料理はヴィーガンなど体に優しい食事で人気のカフェ「まないな」を営む須田ひとみさん監修。軽くドレッシングがかかったサラダ部分は、レタスをベースにスナップエンドウ、トマト、パプリカ、豆苗など、さまざまな野菜がミックスされていて、味わいに奥行きがある。

大豆ハンバーグは思いのほか食べ応えあり。トマトの爽やかな酸味とみそが溶け込んだソースに紫蘇の香りも合わせ、下に隠れた黒米・赤米・発行玄米入りのライスと全ての具を一口で頬張る至福を試して!

どんぶりはほかにも「境港サーモンとアボカドのポキ風」や「隠岐寒シマメ(スルメイカ)の肝醤油漬け」など地産の食材に注目した体に優しいメニューが並ぶ。

もう一つの看板メニューはライスバーガー。

どんぶりと同じライスを使ったバンズに大豆ハンバーグや大山ハーブ鶏ハムなどをサンド(各スープ付き1,100円)。小腹がすいたときの軽食がわりにもおすすめ。

ハーブティー飲み放題(60分)は食事・デザート注文で550円(単品880円)。マコモ茶やデトックスウォーターでのどを潤そう。

 

ティーブレイクや食後のデザートには米粉使用のグルテンフリー生地にあっさりとしたソイ(豆乳)クリームが乗ったバトンケーキを。

もっちり食感に軽めのクリームがよく合い、ヘルシーさも手伝っていくらでも食べられそう!

スイーツはこのほか動物性のものを使わない自家製ヴィーガンアイス(写真はヴィーガンアイスクリームと出雲薬草抹茶を使ったアッフォガードぜんざい780円)や出雲ぜんざいもあり、街歩きの休憩にぴったりだ。

出雲国風土記の植物一覧や、登場する薬草などが実際に展示されているコーナー。

なじみの薄いイメージもあるが、実際は身近に採れるものも多く、西洋由来のハーブなども含め、洋の東西を問わないおもしろさが魅力だ。

出雲に暮らす人や旅する人に、当地にゆかりの深い“薬草文化”に触れてもらい、健康や癒やしの時間を贈りたい…という気持ちが込められた店名に納得。

体調や体質に合わせた薬草を選んで、自分だけのオリジナルブレンドを作れるハーブティー作りワークショップも月1回行っているので、Instagramなどをチェックして。

環境に配慮した製品を積極的に使用。店頭で購入できる安来市の「ひろせプロダクト」が手掛けるストローや歯ブラシといたオシャレな竹製品や、マコモのお茶、お守りなどはぜひお土産に。

神門通りに面していながら静かで落ち着いた店内では、旅行客はもちろん、地元から訪れる人もゆっくりくつろいでいく。

【りびえーるクーポン】お食事ご注文の方、ハーブティー飲み放題をサービス(2022年9月30日まで)

The Gift Izumo 

住所:出雲市大社町杵築南861―1(2階) 【MAP】

電話:0853-77-7159

営業:9:00~16:30(L.O. 16:00)

休み:水曜日(祝日の場合木曜日)

駐車場:近隣駐車場を利用

IG:こちらから

 

(記事は2022年7月26日現在)

一覧へ戻る