SPECIAL TOPICS

SPECIAL TOPICS

松江のランチまとめ 1♪

松江

上質な肉や野菜を楽しもう<若富>松江

生産者に必ず会い、納得した素材を提供する老舗焼き肉店のランチをご紹介。

リピート必至のパワーランチ(3,850円、写真)の詳細はこちらから

 

住所:松江市西津田3-5-14

営業:11:30~14:00(L.O.13:30)、17:00~9:30(L.O.9:00)
休日:日曜日・月曜日(祝日の場合は翌日)

家族で楽しめる気軽なフレンチとパスタ<フレンチレストラン ナテュール>(松江)

来待ストーン内に店を構えて13年、格式張らないフレンチと開店当初から提供し続ける生パスタが評判です。

本日のパスタとメイン料理の両方がハーフサイズで楽しめるおすすめランチ(2,090円。スープ、サラダ、パン、デザート1種、ドリンク付き。写真は+300円のデザート3種盛り)を紹介しています。(こちらから

 

住所: 松江市宍道町東来待1574-1

営業:ランチ11:30~14:30、ディナー18:00~21:30、カフェ11:30~21:30
休み:火曜日

旬の地元食材をいただくフレンチ<BISTRO Coeur(ビストロ クール)>松江

関西で腕をふるったシェフが妻の地元で開いた、丸8年を迎えるビストロ。

3月から始まったランチのムニュ・ド・スペシャリテ(3,500円、写真、要予約。前菜、魚料理、鴨料理、パン、デザート、コーヒーまたは紅茶)はシェフが得意とする鴨のロティ(ロースト)をメインにしたコースの写真をたくさん紹介していますよ!続きはこちらから

住所: 松江市末次本町8-8 

営業:11:30~14:30、18:00~22:00
   ※昼・夜とも前日までに要予約
休み:日曜日

コク深いデミソースは伝統の味<レストラン 西洋軒>松江

昭和7年の開店以来、松江市民に愛される洋食屋。

創業当初の味を守るメニューの中でも、継ぎ足しで一層深みを増すデミグラスソースを使った品は店の‟顔”。

タンシチューとエビフライのセット(ライス、スープ付き1,500円、写真)でぜひ味わって。(こちらから

 

住所:松江市片原町111

営業:11:30~14:00(L.O.)、17:30~19:30(L.O.)

休み:日曜日

おなかも心も満たすフレンチ<AD.ASTERA(アドアステラ)>松江

 

料理が引き立つシンプルな店内で、ステキな時間を過ごしてほしいとシェフが腕をふるう。

メニューは前菜、メイン、デザートを基本とした要予約のコース(ランチ:2,770円・5,340円・8,440円、ディナー:5,780円・8,600円・13,860円)のみ。

友人との会食や記念日の食事など利用シーンに合わせて選ぼう。(こちらから

 

AD.ASTERA(アドアステラ)

住所:松江市淞北台4-5

営業:ランチ11:30~15:30(L.O.13:30)、ディナー17:30~23:00(L.O.20:30)※ランチ、ディナーともに要予約
休日:火・水曜日

レイクビューのおしゃれな大人空間<CAFE&BAR BRILLIO(カフェ&バー ブリリオ)松江

一畑ホテル一階に昨年できた昼はカフェ、夜はバーになるおしゃれな大人の空間。

おすすめは月替わりのブリリオランチ(1,800円、写真)。メインにサラダ・スープが付き、コーヒーか紅茶も付きます。

テラスでは宍道湖を眺めながらゆったりとした時間を過ごせます。

こちらから

住所:松江市千鳥町30ホテル一畑1F

営業:9:00~11:00(L.O.10:30)※ランチ11:00~14:00、バー17:00~23:00(L.O.22:30)

休み:無休

彩り豊かな料理楽しむ<レストランカフェ メリメロ>松江

おすすめはメリメロランチ(日替わり、1,600円、写真)。肉・魚から選べます。自家製のレーズンとクルミのパンにはファンが多く、季節の野菜をたくさん食べられるのもこだわり。(こちらから

 

住所:松江市西川津町4095サクセス楽山ビル1F
営 :11:00~15:00(L.O.14:00)、18:00~22:00(L.O.21:00)
店休日:毎週月・火曜日

自家製ソースのパスタに舌鼓<パスタカフェ&ダイニングバー ボルティーチェ>松江

パスタかカレーに、健康を意識して用意した名物のサラダバー、ドリンクがセットになったランチは880円からとコスパ◎。

海老とモッツァレラのトマトクリーム(写真、880円。サラダバー・ドリンクセットは580円増)をはじめ、ピザやライス物など単品も豊富です!

キッズルームも!(こちらから

 

住所:松江市西津田6-14-3
営業:平日11:00~15:00(L.O14:30)、17:00~23:00(L.O22:30)/土・日・祝日11:00~23:00(L.O.10:30)
休日:不定休

ワクワクさせるカフェ<ステーキ丼とパフェ gift>松江

日常の中にワクワクを―をテーマに、国産牛を使ったステーキ丼と、こだわりのパフェを提供するおしゃれな専門店。

国産和牛ロースステーキ丼(1,800円、写真)は独自の調理法でやわらかな肉が味わえますよ!(こちらから

住所:松江市学園2-31-8(要予約)
営業:ランチ11:00~13:45(L.O.)、カフェ14:00~17:30(L.O.17:00)
休日:土・日曜・祝日

アイルランドの文化を感じて<巨人のシチューハウス>松江

本格的なアイルランド料理を楽しめるお店。

同国出身の店主が「食事を通して母国の文化を共有したい」と腕を振るう。

まずはセット(シチュー+サイド1,400円)でぜひ味わって。(こちらから

 

住所:松江市御手船場町562-1
営業:11:30~15:00、17:30~21:00(土・日・祝日は11:30~21:00)
休日:月・火曜日

犬同伴で入れるカフェ 手間をかけたメニュー<cafe wagging tail>松江

愛犬と一緒に入れるカフェ。店内は大型犬も一緒に過ごせるゆったりとした空間です。

バリエーションが楽しい本日のキッシュ(1,100円、写真左下は「きのこのキッシュ」)、自家製ローストチキンを使った「ローストチキンサンド」(写真右、1,100円)、生地から手作りして作る「ピティビエ」(アーモンドクリームパイ、写真奥、550円)など豊富!(こちらから

 

住所:松江市南田町185
営業:9:00~18:00(L.O.17:30)
休日:月・火曜日

居心地の良い空間を提供<カフェ・シエル・ブルー~青い空~>松江

ランチのおすすめは、ボリューム満点のオムライス(850円、写真左)。

ハヤシソースを使ったカツライス(900円)も人気です。カツライスもありますよ!(こちらから

 

住所:松江市上乃木5-10-31 上乃木三叉路 旧島根銀行2階
営業:9:00~18:00
休日:水曜日

 

食べ歩き好き店主が作る個性的な一皿<SPICE & CURRY LAMP>(松江)

食べ歩きからスパイスに興味を持ち、独学で作り始めたカレーは、ラーメンの要素を豚骨や鶏ガラで取るダシに落とし込み、淡路島産タマネギなど野菜をたっぷり使ったコク深さが魅力!

ジャガイモのエスプーマをのせた白いもこもこカレー(1,100円)などバリエーションも気になるが、まずは赤身をミディアムレアに仕上げた牛カツカレー(1,400円、写真。毛沢東からあげ2個220円)で個性を堪能したい。(こちらから

 

住所:松江市寺町209―7 
営業:11:00~15:00
休み:水曜日

2種類のソース楽しむハッシュドビーフ<グランカフェF 黒田店>松江

ランチのおすすめは、ハッシュドビーフ(1,050円、写真)。

牛肉と玉ネギのうま味をベースに赤ワインでコクを出した、濃厚な味わいのデミグラスソースと、トマトペーストで煮込むハヤシソースの2種類を使っています。(こちらから

 

住所:松江市黒田町454-9※予約不可
営業:9:30~17:30(L.O.17:00)
休日:火曜日

肉・魚をバランスよく楽しむランチ<爽健美食 ここな 上乃木店>松江

和風御膳や人気のオムライスなどの洋食が楽しめます。

11:30から14:00のランチサービスタイムメニューのおすすめは、創作プレートSet(1,210円、写真)。

彩りの良いプレートは、肉・魚がどちらもバランスよく楽しめますよ!(こちらから

住所:松江市上乃木7-12-64
営業:9:00~15:00(L.O.14:00)
休日:日曜日

さまざまな地魚が楽しめるランチ<THE 根っこ >(松江)

おすすめのランチは「The根っこ膳」(1,480円、写真)。

焼き魚や刺し身、しめ鯖カマボコ、あご野焼きなどでさまざまな地魚を少しずつ楽しめます。

他にも、日替わり定食(880円、限定10食)や魚介たっぷり海鮮丼などがありますよ。ランチは全品コーヒーとデザートが付きます!(こちらから

 

住所:松江市朝日町452

営業:11:30~14:00、17:00~22:00(L.O.閉店時間各30分前)

   ※コロナのため営業時間短縮中の時間です

店休日:年末年始

体の芯まで温まる牛肉吸い<おいでやすおおきに屋>松江

 

ランチの体の芯まで温まる牛肉吸いと大和芋とろろめし(880円、税込み、写真)は寒い日に格別。

漬物と日替わりのおばんざいも付きます。

大和芋とろろめしは、薬味を選んで入れたり卵を入れたりと、自分好みにアレンジできて楽しいですよ!(こちらから

 

住所:松江市末次本町13
営業:11:30~14:00、月~土曜日17:30~22:30(L.O.22:00)、日・祝日17:30~21:30(L.O.21:00)
休日:不定休

コクを極めたスープが中太麺に絡む!<ホット・エアー2>松江

ミシュランのビブグルマンに掲載された鳥取のラーメン店が松江に登場。

塩・醤油・味噌の3種のうち一番人気の極み塩(1,000円、写真)は、口当たり滑らかな中太の麺と、アッサリしつつ奥深いコクがクセになるスープを堪能できる。(こちらから

 

住所:松江市向島184
営業:11:00~15:00
休み:火曜日 

箸が止まらない「汁なし担々麺」<四川担々麺 虎嘯(こしょう)松江店>

中国テイストのおしゃれで開放的な空間。

イチオシは汁なし担々麺(850円、写真)。

こだわりの甘じょうゆと、濃厚な味の「金胡麻」を焙煎したタレが太麺と相性抜群ですよ!(こちらから

 

住所:松江市東朝日町284―1 エブリイ松江店横
営業:11:00~14:30(L.O.)、17:30~21:00(L.O.)、日曜日夜は20:30まで
休日:月曜日夜、木曜日

 

素材の味生かすシンプルラーメン<松江麺食堂 昭和軒>松江

素材の味を生かしたシンプルなラーメンは、どこか懐かしさを感じる飾らない味。

鶏ガラ、豚骨、利尻昆布などを煮込んで作るスープは、あっさりと食べやすく箸が進みます。

野菜好きにうれしいドカ野菜の味噌らーめん(750円、写真)や、若者に人気の魚介つけ麺、鉄板で作る焼きそばもおすすめ。(こちらから

 

住所:松江市学園2‐10‐14
営業:11:00~22:30(L.O.22:00)
休日:水曜日

ライス必須! くせになる一杯<シノカンnoodle>松江

まず食べてほしいのは「並ラーメン」(800円、写真)。

コシがありくせになる麺にとんこつしょうゆのスープが絡みます。

とろける自家製焼き豚、ホウレンソウ、宮内庁御用達のノリと素材にこだわる一杯。

ぜひライス(150円)も一緒に!。仁多米が味わえますよ♪(こちらから

 

住所:松江市朝日町472-2 こだわり市場内(JR松江駅高架下沿い)
営業:平日11:00~15:00(L.O.15分前)、土・日・祝日(~16:00)※スープがなくなり次第終了
休日:火曜日

優しくも後を引く中華麺<寺子屋カフェ LAB KITCHEN>(松江)

STICビル1階。

天津冬菜(中華漬物)とたっぷりひき肉にピーナツの食感がたまらない特製担々麺や、鶏だけで丁寧にダシを取った滋味にうなる鶏中華汁麺(写真、各935円)ほか、パスタやカレー、サンド類など豊かな品書きで迎えます!(こちらから

 

住所:松江市白潟本町43 STICビル1階 

営業:12:00~17:00(L.O.16:30。グループの予約の場合17:00以降応相談)、木曜日11:00~15:00

店休日:水曜日

三代目に引き継がれリニューアル!<三代目徳平>松江

 

昼のおすすめは、おでんラーメンセット(990円)。

好きなおでん3品とラーメン、白飯が楽しめます(※オプションでチャーシュー麺または鴨だし塩ラーメンに変更可能)。(こちらから

 

住所:松江市中原町98

営業:11:30~14:00、17:00~22:00

休み:日曜日・祝日・第2・4月曜日(祝日の場合は営業)

 

こだわり詰まった無二のラーメン<ラーメンゴイケヤ>(松江)

 

人気の極み塩ラーメン、極みブラック(各750円)のほか、麺をすするごとにエビ香るエビ塩ラーメン(850円、写真)、ピリ辛の蒙古麻婆麺(900円)もおすすめ。

すべて替え玉ができるほか、ラーメンに250円でセットできる平日限定の日替わりランチもある。(こちらから

 

住所:松江市菅田町180 アイウォーク菅田ビル103 

営業:11:00~15:00、18:00~20:00 日曜日は11:00~15:00の営業

店休日:月曜日

 

継承した看板メニュー・かつ丼<うちごはん希>(松江)

看板商品のカツ丼は、店主の両親が隠岐で飲食店を営んでいた30年前の創業当時からのレシピを継承。テイクアウト700円(写真)、店内飲食昼820円、夜1,000円。注文を受けてから調理し、ボリューム満点でサクサク柔らか!(こちらから

 

住所:松江市寺町169-4

営業:午前11:00~14:00、17:30~21:00(L.O.各閉店時間30分前)

店休日:日曜日・祝日・第4月曜日

※記事は取材当時の情報を基にしています。お値段等が変更になっている場合があります。

 変更があれば、りびえーる編集室へメールで情報提供をお願いいたします(日中連絡がつくお電話番号のご記入もお願いいたします!)。

おすすめ記事

一覧へ戻る