SPECIAL TOPICS

SPECIAL TOPICS

出雲のランチまとめ-2023年掲載

りび編集者が2023年に取材した、ランチにおすすめの店舗をまとめてご紹介!

<食堂いち>人気居酒屋が手掛ける定番おかずの定食

おなかいっぱい食べて午後もがんばって…そんなエールを込めて居酒屋「ツバメヤ」が手掛ける食堂。味付けの照準を「ご飯が進む」に合わせ、おかずは手作りにこだわり、ご飯は大盛り・お代わり無料の太っ腹!

取材記事はこちらから

住所:出雲市北本町5-2-4
営業:11:00~13:30(L.O.)
休み:土・日曜、祝日

<薬膳カフェ アルテミシア from ゆうずキッチン>カジュアルなランチで薬膳を身近に

予約制薬膳ディナーに限定した営業で人気を博した「ゆうずキッチン」が海沿いの絶景を眺めるカフェに生まれ変わった。「薬膳をもっと身近に」との思いから、ランチをスタート!

取材記事はこちらから

住所:出雲市多伎町多岐461-1
営業:冬季11:00~18:00(夏季~19:00。閉店後はディナー予約時間)※全時間帯予約優先
休み:木・金曜日

<GARB CLIF TERRACE IZUMO> オーシャンビューを目前に料理を堪能

日本海をすぐそばに臨む抜群のロケーションを最大限活用した店内。島根の食材を中心に使った、新たな発想のもとで作られたジャンルにとらわれない料理が味わえる。

取材記事はこちらから

住所:出雲市多伎町久村1870

営業:ランチ11:00~15:00(L.O.14:30 ※土日祝日は14:30)

   ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)土日祝日のみモーニング8:00~10:00

休み:なし

 <RAMEN SUN!>ほっとする一杯を追い求めた塩ラーメン

本格的な開業に向けて出雲市内の焼き肉店で間借り営業をスタート!スープは塩としょうゆの2種類で、味玉やチャーシューといったトッピングによって値段が変わる。店主のいちおしは、「ほっとする一杯に仕上がった」と自負する塩ラーメン。

取材記事はこちらから

住所:出雲市大津新崎町1-53-1(焼肉8間借り) 

営業:11:00~14:00(売り切れ次第終了)

休み:金、土、日曜日

<curry stand k>食べやすいスパイス感に食欲は全開!

自宅でスパイス販売やカレー教室を開催する「U-spice」が、曜日限定の間借りスタイルで待望の店舗営業を開始。イベント出店すればまたたく間に完売する人気の一皿が店頭・テイクアウトで楽しめる!

取材記事はこちらから

住所:出雲市渡橋町340‐3 北村電機ストア-1階(OVEL KEBAB間借り)
営業:第1・3・4金曜日 11:00~14:00
※第2金曜日はcafe Room(松江市西川津町)で、第1水曜日はベッカライコンディトライヒダカでも。詳細はInstagramで確認を

<出雲・湖陵クリフバーガー>絶妙なバランスのしまね和牛100%バーガー

出雲市湖陵町のくにびき海岸道路沿いに2023年5月、大型駐車場を併設する複合施設がオープン。その一角、出雲・湖陵クリフバーガーでは、全国に誇るしまね和牛100%のぜいたくなパティを挟んだハンバーガーを堪能できる!

取材記事はこちらから

住所:出雲市湖陵町大池5‐1

営業:月~金曜は11:00~18:00、土日祝日は~19:00

休み:なし

<Cafe Fleet(カフェ フリート)>ペットと一緒にくつろげるカフェ

動物好きのオーナー夫婦がドッグラン付きのカフェとしてくにびき海岸道路沿いにオープン!イチオシは「パンケーキのプレートランチ」(写真)。プレートからはみ出すほど長~い地元産ソーセージと、パンケーキのかわいらしい看板犬・フリート君の焼き印が注目ポイント!

取材記事はこちらから

住所:出雲市湖陵町板津569‐1

営業:11:00~18:00(L.O.17:30)

休み:月・火・水曜日

<Lily(リリー)>しまね和牛にこだわったメニュー

「和牛オリンピック」と呼ばれる品評会でも高い評価を得るしまね和牛。きめ細やかな霜降りで、脂身はしつこくなく肉質はやわらかいという特徴を生かしたメニューは肉好きにたまらない!

取材記事はこちらから

住所:出雲市小山町397‐1 コーポスズキ1階
営業:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~23:00(L.O.22:30)
休み::不定休

<鶏ラーメン 福如雲(ふくくものごとし)>鶏にこだわったラーメン

さまざまなラーメンが群雄割拠する東北地方を店主自ら食べ歩き、生み出したのが、こだわりの鶏ラーメン。地鶏(名古屋コーチン)、赤鶏(佐賀のみつせ鶏)、親鳥の3種類の鶏を使って作られたスープは、コクがあるけどあっさりしている。

取材記事はこちらから

住所:出雲市今市町283-5
営業:10:00~14:00
休み:火・水曜日

<日本海直送 とれとれ海鮮丼 マルセン>日本海の幸をたっぷりと味わえる店

日本海で取れる魚介類を存分に堪能してもらうため、その日の仕入れた季節の素材を使い、メニューを店長自らが考案。一番人気は、極上海鮮丼で、新鮮な魚介類が彩り豊かに盛られる。季節によっては、カニ出汁みそ汁(110円)が全メニューにプラスできる。

取材記事はこちらから

住所:出雲市大社町杵築南836-1おくにビル2F
営業:10:00~19:00
休み:なし

<プチレストラン Culuton(クルトン)>3種類のソースが選べるオムライス

オムライスが人気の店。火加減に気を配り、半熟卵に仕上げられた、とろ~り玉子のオムライスは、ブイヨンスープにサラダ付き。ソースは、トマトソース、デミグラスソース、クリームソースの3種類あり、1種類から全部かけもできるので、味のバリエーションが楽しめる。

取材記事はこちらから

住所:出雲市斐川町福富866-5

営業: 11:30~14:30(L.O.14:00)、18:30~21:00(L.O.20:00)/土・日曜・祝日のみ~15:00(L.O.14:30)

休み:月曜日、その他不定休あり

<そば処 田中屋>地元客にも愛される出雲大社門前の名店

駄菓子店や家族連れでにぎわうレストランを経て、そば処となってから現店主で3代目。観光客はもとより地元客の信頼も厚い。天ぷら割子そばでは、中太でコシの強い打ちたてゆでたての二八そば、天然エビと旬の野菜のサクサク天ぷらを堪能できる!

取材記事はこちらから

住所:出雲市大社町杵築東364
営業:11:00~16:00
休み:木曜日

<旬の料理・中華そば きんぐ>出雲蕎麦文化取り入れた焼きそば

大正時代に蕎麦屋として創業。戦後、初代が博多へ出雲蕎麦の指導に行った際、ラーメンと出合ったのがきっかけで中華そばを始めた。その12年後には、だしを後からかける出雲蕎麦にヒントを得て、2種類のソースを自分の好みに合わせてかける塩焼きそばを提供!

取材記事はこちらから

住所:出雲市大社町杵築東599

営業:11:00~14:30/16:30~22:00(L.O.21:30)

休み:水曜日(年末年始は休業・臨時休業あり)

<bocco>思わず歓声! 大人のお子様ランチ

boccoペアセット(写真)は優しい味付けで人気の大人のお子様ランチAまたはB(単品1,500円)に厚焼きスフレパンケーキ、ドリンクが付くお得なセット。子育て目線が行き届いた店内にはキッズルームもあり、子ども向けメニューも充実!

取材記事はこちらから

住所:大社町杵築西2222‐16 大社BARNS内

営業:11:30~16:00(4月以降~15:00。L.O.いずれも30分前)

休み:水・土・日曜日、祝日

<イタリア食堂ポー>ランチで味わうイタリアの家庭の味

島大医学部前にある。10席余りの店内では、イタリアのマンマが作るような家庭的で素朴なパスタが味わえる。写真のサーモンとミニトマトのクリームはごろごろ入ったサーモンと口当たりのいい麺に濃厚に絡むクリームソースが絶品!

取材記事はこちらから

住所:出雲市塩冶町267‐1
営業:11:30~14:00、18:00~20:30(L.O.。水・日曜日除く)
休み:木曜日

<koharu>早朝から元気をくれる大社駅前の新カフェ

出雲大社参道沿いにあるカフェ。早朝から開いているとあって、観光客はもちろん地元客の来店も多い。お昼はパスタやチキン南蛮、カフェタイムには焼きたてワッフルも。地酒や市内工房のガラス器などお土産ものも選べる。

取材記事はこちらから

住所:出雲市大社町杵築南1353-15

営業:6:30~16:00(L.O.15:30)

休み:火曜日

↓こちらのお店もCheck!↓
一覧へ戻る